メトクロプラミド。 医療用医薬品 : メトクロプラミド (メトクロプラミド錠5mg「トーワ」)

メトクロプラミド錠5mg「テバ」 出荷調整

🐝• (40歳代開業医、耳鼻咽喉科) 消化管運動調整薬 この薬をファーストチョイスする理由(2018年11月更新)• 開腹術後の消化器機能異常• wc-shortcodes-four-fifth,body. 食中毒、ウイルス性胃腸炎へのプリンペラン ちなみに、発熱や嘔吐を治療するとき、感染性胃腸炎(細菌性の食中毒やノロウイルス、ロタウイルスなどのウイルス性胃腸炎に対して、プリンペランなどの吐き気止めや止瀉薬(下痢止め)であるロペミン(一般名:ロペラミド)などの薬を使用するのはお勧めされません。 ナウゼリン(ドンペリドン)は血液-脳関門を通過しにくい薬剤ですが、 プリンペラン(メトクロプラミド)は血液-脳関門を通過しやすい薬剤なので特に注意が必要です。 また、第一世代の抗ヒスタミン薬は抗コリン作用が知られており、ペリアクチン(一般名:シプロヘプタジン)がこれに該当します。

wc-shortcodes-social-icons li i. 効能・効果• 乳幼児嘔吐の腹部膨満感• wc-shortcodes-posts-gutter-space-1. 抗がん剤による吐き気に対してはステロイド剤やイメンド(一般名:アプレピタント)、カイトリル(一般名:グラニセトロン)、ゾフラン(一般名:オンダンセトロン)などを用いますが、プリンペラン(一般名:メトクロプラミド)を活用することがあります。

メトクロプラミド注10mg「テバ」

🤐 抗生物質投与時の消化器機能異常• 成人ではプリンペラン5mgを1日10~30mg服用します。

19
また、消化管に出血や穿孔(穴)、閉塞のある患者さんの場合、無理に消化管を活発に動かすと症状が悪化してしまいます。

吐き気止め薬プリンペラン(メトクロプラミド)の効果と副作用

🎇 生理不順を引き起こす可能性のある薬がプリンペランです。 麻酔剤投与時の嘔吐• (重要な基本的注意) 1.本剤の投与により、内分泌機能異常(プロラクチン値上昇)、錐体外路症状等の副作用が現れることがあるので、本剤の投与に際しては、有効性と安全性を十分考慮のうえ投与する。

18
抗生物質投与時の消化器機能異常• より胃酸分泌を抑えるタケキャブ(一般名:ボノプラザン)もあります。 開腹術後の腹部膨満感• 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。

塩酸メトクロプラミドによる急性ジストニア

🤛 過量投与時の錐体外路症状に対しては、抗パーキンソン剤等を投与する。

2
人により副作用の発生傾向は異なります。 過量投与時の錐体外路症状に対しては、抗パーキンソン剤等を投与する。

メトクロプラミド錠5mg「テバ」 出荷調整

😇 吐き気や嘔吐、食欲不振などに用います。 胃内挿管時の食欲不振• 胃腸に出血や閉塞のある人も使用できません。 そのため、 脳幹の消化管中枢に作用することでも消化器症状を改善させます。

5
十二指腸潰瘍の食欲不振• 2).悪性症候群(Syndrome malin):悪性症候群が現れることがあるので、無動緘黙、強度筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧変動、発汗等が発現し、それに引き続き発熱がみられる場合は、投与を中止し、体冷却、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行う(本症発症時には、白血球増加や血清CK上昇(血清CPK上昇)がみられることが多く、また、ミオグロビン尿を伴う腎機能低下がみられることがある)、なお、高熱が持続し、意識障害、呼吸困難、循環虚脱、脱水症状、急性腎不全へと移行し、死亡した例が報告されている。 腎炎の消化器機能異常• メトクロプラミド注10mg「テバ」の用途• プリンペラン(一般名:メトクロプラミド)の作用機序 胃や腸の運動が弱くなると、食物がなかなか排出されなくなります。

プリンペラン(メトクロプラミド)の作用機序:消化管運動改善薬

🙃 胃薬であれば、胃潰瘍・十二指腸潰瘍や逆流性食道炎を治療するH2ブロッカーとしてガスター(一般名:ファモチジン)、プロテカジン(一般名:ラフチジン)、ザンタック(一般名:ラニチジン)などが活用されます。 なお、プリンペランの錠剤は粉砕しても問題ありませんが、有効成分に苦みがあります。

【注意する人】 褐色細胞腫の疑いのある人は禁止されています。

プリンペランは食前に飲まないとダメ?

😚 また、プリンペラン(一般名:メトクロプラミド)は脳へ移行しやすい性質を有しています。

12
(保管上の注意) 遮光。

メトクロプラミド錠5mg「テバ」 出荷調整

🌭 麻酔剤投与時の消化器機能異常• wc-shortcodes-posts-gutter-space-3. 腎炎の腹部膨満感• 2.眠気、眩暈が現れることがあるので、本剤投与中の患者には、自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意する。

9
また、第一世代の抗ヒスタミン薬は抗コリン作用が知られており、ペリアクチン(一般名:シプロヘプタジン)がこれに該当します。

メトクロプロミド(プリンペラン®)とドンペリドン(ナウゼリン®)の違い

⌚ カルバマゼピン カルバマゼピンの中毒症状(眠気、悪心・嘔吐、眩暈等)があらわれることがある。

17
wc-shortcodes-image-link-columns-1. 制癌剤投与時の腹部膨満感• そのために腹部膨満感や嘔吐などを引き起こしやすくなります。 なお、乗り物酔いには主にトラベルミンが活用されます。