トゥール スレン 博物館。 【2018年最新】トゥール・スレンの歩き方【行き方・入場料・時間】

【カンボジア大虐殺】トゥールスレン収容所・キリングフィールドに行って感じたこと

💅 また、 カンボジアでは現在もまだまだ地雷が残っています。

19
余談ですが一昨年、友人達を案内してここを訪れた時は私は入口の休憩所で待っていて入る気はしませんでした。 そしてこの収容施設で働き、拷問していた職員はすべて14歳前後の子どもだったということです。

ポルポト率いるクメール・ルージュによる拷問_トゥールスレン博物館

♻ 通称S21。

今でもそのままに骨が埋まっているので、ところどころ土から骨が見えていたり、洋服のきれっぱしが土からはみ出したりしているのを見ることができます。 霊感が強い訳ではないのですがここだけは恐ろしく霊気が感じられて入る気がしませんでした。

トゥール・スレン博物館巡り ~ベトナム・カンボジア旅行記20~

🤐 前回行った時は入口が 中央にありましたが、入口の場所が 変更になってました。 女性:半袖&長ズボン 上記の服装でいれば、寺院や遺跡を訪れた際も入場拒否される心配はないと思います。 名前ではなく番号で管理されていたようです。

17
アウシュビッツの狂気も恐ろしいですが、クメールの拷問はその比でない残虐さを感じます。 収容所がS21に集約されると共に、一度収容されたものは生きて出ることはない場へと変貌したが、そのどちらが原因でどちらが結果かは今となっては不明である。

プノンペンのトゥール・スレン博物館は残酷すぎる場所だった

😍 尋問・拷問時の悲鳴が他の囚人に聞こえないように、部屋の窓をガラスにしたり、換気口を板で塞いでいたそうですよ。 処刑に使用された物も、証拠として残っています。

1
日本語音声ガイドは必ず借りよう• 正確な数字は出ていないそうですが、15,000人〜20,000人が収容されたと言われており、生存者は12人しかいなかったそう(後に発見された文書から100人以上いたとも言われています)。

【カンボジア大虐殺】トゥールスレン収容所・キリングフィールドに行って感じたこと

🐲 敷地内にはベンチも多く設置されているので、拷問部屋や写真などを見て気分が悪くなってしまった場合は、休憩をはさみながらゆっくりと見学するようにしましょう。 少しでもです。 発見時のままの拷問室 ベトナム軍が首都プノンペンを掌握し、S21に侵入してきたときの有様は、想像を絶するものだったようです。

15
何かと口実を作って事実を隠蔽してはならない。

トゥール・スレン虐殺博物館 口コミ・写真・地図・情報

💕 カンボジアでは、負の遺産を実際に見てみてください。 糞便の中に頭を突っ込むんです。 そのため、党中央の威光に怯え、なおかつ計算高くその意向(反革命分子をあぶり出すためにあらゆる手段を使う事)に従おうとした事は想像に難くない。

179• この木の周りは一番見学者が多く、音声ガイドから流れる内容も衝撃的で、しゃがみ込み涙を流す欧米の若い女の子もいました。 それが意味するのは、「 ここへ連れてこられたら生きて帰ることはできない恐ろしい場所だった」ということ。

S21 (トゥール・スレン)

🎇 電流を受けている間は一切叫ばないこと。 カンボジアを訪れた際はアンコールワットだけじゃなく、こういった負の遺産にも訪れて、少し考えを巡らせてみるのもいいと思います。

13
。 殺すことを拒否した兵士も反動主義者にされるのですから落ちるところまで転がるしかない訳です。

トゥール・スレン虐殺犯罪博物館

🤫 実際に独房に収容されていた方の話を聞きました。 今は写真でのみ展示されてるよ。 色々な意味で安心します。

5
この写真群もまた、この施設の異常さを浮き彫りにします。 見たくないですが。