スタバ 1000 円 カスタマイズ。 カスタマイズチケットを最大限楽しむ/(1)ドリンクの選択

スタバで1番高いカスタマイズのドリンクは?1000円目指します!【美味しさも重視】

♥ まぁ、770円なら元は取ったようなものでしょう。

2
ココアや抹茶など、コーヒー以外のドリンクをベースにカスタマイズするので、ノンカフェインドリンクになり、お子様にもおすすめです。

スタバで「1杯1,000円」を目指す

⚡ 見た目を豪華にしたい方はチョコチップをホイップの上に乗せてもらうと、さらに高級感のあるチョコレートフラペチーノを作ることができます。

しかも、カスタマイズもOK! カスタマイズ料金+ドリンク料金の合計金額が926円(税込み1,000円)以下なら、追加料金無しでドリンクと交換できます。 ストロベリーフラペチーノ チョコチップ追加 豆乳に変更 チョコソース キャラメルソース くらいですかね、元々甘いのでシロップ追加はおすすめしません。

スタバの1000円のギフト券があるのですが、最大限カスタマイズしたいです。...

🖖 フラペチーノを頼むと高額なカスタマイズになる• さすがスタバの店員さん!ナイスパス! スタバって、こういうところの教育が行き届いてますよね。

13
このカスタマイズのおすすめメニュー• エスプレッソ少なめ(リストレット) スターバックスラテなどエスプレッソが入っているドリンクは、(エスプレッソ少なめ)に無料カスタマイズ可能です。 スタバといえば、アメリカのシアトル生まれで、 知っているのが当たり前な有名コーヒーショップです。

スタバで高い飲み物は?カスタマイズした最高金額はいくら?|バズバズる

🙂 リストレットショットが、チョコレートとアーモンドの香りと甘味を引き立てます。 おすすめです。 以下がそのレシピ? ミルクを低脂肪、無脂肪乳に変更 ミルクを使ったドリンクは• 【甘さを抑えたい人向け】シロップ減量おすすめドリンク• ソイ変更(+50円)• ベンティサイズで飲んだら角砂糖何個分かご存知でしょうか。

18
そこで今回は、 スタバの無料チケットを有効に活用できるような、 お得なカスタマイズをまとめていきたいと思います。 多め(エクストラホイップ)• 一番高価かつ美味しいドリンクカスタムを考える 定番ドリンクであればチケットの制限である1000円を超える事はまずありません。

スタバ1000円チケットクーポンを有効に使う【抹茶クリームフラペチーノ】美味しく低カロリーなおすすめカスタマイズ

😩 オールミルク スタバでは各種注文時にというカスタマイズが無料で行えます。 チケットの画面ついているバーコードをレジのバーコードリーダーでピッ!と読み込んでもらいます。

8
なし(ノンホイップ) に無料でカスタマイズ可能。

スタバで1番高いカスタマイズのドリンクは?1000円目指します!【美味しさも重視】

☝ ティー変更 ティー変更は、• そんなあなたにぜひチャレンジしてほしい、スタバのオススメカスタマイズを元パートナーがまとめてみました。

またフォームミルクを追加することで、よりまろやかになります。 しかし、通常のエスプレッソよりも早い時間で抽出を終えるため、苦味は控えめになります。

スタバで「1杯1,000円」を目指す

😋 さぁ、1000円チケットを使うよ! 晴れ女ぶりを発揮して、久々な感じのする晴れた週末。

9
試してみる価値ありますので、是非是非参考にしてみてくださいね!• この金額のリザーブがあればベストですが1,300円ぐらいまでならオススメします。

スタバの神カスタマイズ『30選』おすすめの頼み方を解説!【裏メニューあり】

🙃 抹茶を飲む前も茶筅で泡立てる事で、口当たりを柔らかく、甘い風味を感じさせる効果がありますが、これと同じ効果がフォームミルクにもあります。

それでいてエスプレッソを追加したおかげで、しっかりとコーヒーの味もしていました。 もし、スタバカードに2,000円チャージして、590円のフラペチーノを1杯飲めば合計 165円 お得 になります。

スタバのドリンク無料チケットを使った注文方法/店員さんおすすめカスタマイズも紹介!

💖 新作ドリンクは定番ドリンクに比べて、値段が高くなります。 本体価格930円ならほぼ税込1,000円。 と相性抜群です。

・エスプレッソショット追加(50円) ・バニラシロップ、キャラメルシロップ、ヘーゼルナッツシロップ、アーモンドシロップ、(各50円) ・ミルクを豆乳に変更(50円) ・ホイップクリーム多め(無料) ・チョコレートソース(無料)、キャラメルソース(無料)、チョコレートチップ(50円) とまぁ、味の方は?と心配してしまうようカスタマイズですが、社長の報告によると、意外に美味しかったようです。 同サイトには、「HOW TO オーダー」や「HOW TO カスタマイズ」なるページが用意されていまして、親切に解説してくれています。