則 巻 千 兵衛。 書籍目録 3巻

太平記/巻第三十三

🤙 師景(二代) もろかげ 備前 応永 古刀 9000000 初代師景子。

16
野州得次郎住。 兔に角に取立にける石堂も九重よりして又落にけり深き海高き山名と頼なよ昔もさりし人とこそきけ唐橋や塩の小路の焼しこそ桃井殿は鬼味噌をすれ 276 三上皇自芳野御出事 足利右兵衛佐直冬・尾張修理大夫高経・山名伊豆守時氏・桃井播磨守直常以下の官軍、今度諸国より責上て、東寺・神南度々の合戦に打負しかば、皆己が国々に逃下て、猶此素懐を達せん事を謀る。

書籍目録 3巻

😙 」とて、童名徳寿丸と申しを、御前にて元服させられて、新田左兵衛佐義興とぞ召れける。

1
敵此を見知たりければ、射て落さんと、鏃をそろへて如雨降射けれ共、菊池が著たる鎧は、此合戦の為に三人張の精兵に草摺を一枚宛射させて、通らぬさねを一枚まぜに拵て威たれば、何なる強弓が射けれ共、裏かく矢一も無りけり。 〉 禹、稷當平世,三過其門而不入,孔子賢之。

太平記/巻第三十三

☎ 「備州長船住盛景」刃文、互の目乱、直刃足入りもある。 父子責善,賊恩之大者。

17
其事則齊桓、晉文,其文則史。

則.巻.千.兵.衛.

🙌 彫物有り。 盛国 もりくに 筑前 天正 古刀 6500000 金剛兵衛一派。 古の公人たりし人は、賄賂をも不取、勝負をもせず、囲碁双六をだに酷禁ぜしに、万事の沙汰を閣て、訴人来れば酒宴茶の会なんど云て不及対面、人の歎をも不知、嘲をも不顧、長時に遊び狂ひけるは、前代未聞の癖事なり。

8
以 ( もつ )て 與 ( あた )ふべし、以て與ふるなかるべし、與ふれば 惠 ( けい )を 傷 ( やぶ )る。

孟子/離婁下

⌛ 」と爪弾をする人もあり。

11
『山家集』 校注 29:• 〉 孟子曰:「君仁莫不仁,君義莫不義。 しかし相互理解に大きな障壁となるのは、やはり言葉のギャップ。

則.巻.千.兵.衛.

🤫 如 ( も )し智者も 亦 ( また ) 其 ( そ )の事なき所に 行 ( や )らば、則ち智も亦大なり。 「武州住石堂秦守久」刃文、丁子乱。

19
〉 孟子曰:「仲尼不爲已甚者。 「備中国住盛家」刃文、丁子乱、中直刃足入り。