ミロ の ヴィーナス 腕。 「ミロのヴィーナス」が美しい理由|makito|note

ミロのヴィーナス 解説その6 まとめ+定期テスト予想問題

😉 その具現を、芸術家でもない普通の一般人や、美術などは縁遠い人だったとしても、技術も知識が無くとも、皆一様に誰に教えられるわけでもないのに、自然と美しい姿を考えてしまう。 いや、もっと的確に言うならば、彼女はその両腕を、自分の美しさのために、無意識的に 隠してきたのであった。 何がどうなれば こんな状態になるのか さっぱりわからない…というのが 正直な 感想ですが それだと話になりませ~ん。

9
(2)倒置法. だから、両腕は存在しなくてよい、と筆者は強調します。 詩人の目はその微妙な一線を読み取ったにちがいありません。

《ミロのヴィーナス》の美は「不完全の美」?

😀 この加工方法は、ギリシア世界のなか、とくに前100年頃にこの作品が制作されたキクラデス諸島にてとても普及していた。 そんな人間が根源的に持っている感覚や感性。

5
だからこそ、ミロのヴィーナスは凄いと筆者は力説しています。 (2)「 特殊から普遍への巧まざる跳躍」の結果どのようなことが可能になったのか。

【手の変幻・清岡卓行】ミロのヴィーナスの両腕に秘められた永遠の謎

🖖 何故なら、それは 腕を無くすことで得たはずの「謎」を失ってしまうからです。 否定であれ、肯定であれ、賛辞であれ、無視であれ、何らかの反応を人々は作品に対して表します。

だから「ヴィーナス像」は 無事だったのでしょうねえ。 「ミロ」は女神像の発見地の形で、「」はアプロディーテーの名(Venus)の読みである。

両腕が生えちゃった!? 自由すぎるミロのヴィーナス

🖖 欠損した部分が発見されておらず、本来なら商品価値は無いものとして扱われるであろう作品であるが、欠けた腕を想像した復元画が多く描かれるにつれ、実際はどの腕が正しいのかという論争が巻き起こったことで爆発的に有名になった。 この「不完全だから美しい」という価値観、いったいどこから出てきたんだ? また別の機会に東京芸大の研究室の学生さんたちと一緒に食事をした際、《ベルヴェデーレのアポロン》について面白い話を聞いた。

けれど、ミロのヴィーナスは、 「腕だけが欠けた存在」です。

ミロのヴィーナス

🤚 理由にあたる部分を本文から「…から」に接続するように二十六字で抜き出せ。 まじか。

12
それはそうでしょう。 このスケッチにもちゃんと 碑文入りの台座が描かれています。

「ミロのヴィーナス」が美しい理由|makito|note

😩 螺旋状の構成、三次元空間への人物像の挿入、小さな胸を持つ上半身の伸びなどは、この時代の特徴である。 「不完全の美」である。 ブラジャーがある現在に、ミロのヴィーナスを作り直したら、どんなプロポーションになるのでしょうか…?. しかしそこに欠落していることへの想像力という考え方を入れると、ぐっと内容が変化してきます。

ちょうど二の腕あたりで スパッと切られたように なくなっていますよね。

ギリシャの像について。(なぜ、腕などが切断(・・?)

☏ その時はオスマン帝国が この地を治めていた頃だったので この男性はこっそり家に 隠しておいたのだそうです。

・盾を持っていたかも。 全篇、逆説で構成されているのです。

両腕が生えちゃった!? 自由すぎるミロのヴィーナス

🖖 ヴィーナスの両腕 [ ] フルトヴェングラーによる両腕復元像。 あのプロポーションが「ぽっちゃり」だとしたら、女性として、こんなに 恐ろしいことはない…。 もしかして あの刃物で切ったような腕は 石の部分はそれ以上 要らなかったからかも! 例えば黄金の豪華な腕輪をはめて その先は 象牙などのもっと細工のし易い材料で 美しい手を作ればいいじゃん! 異素材を組み合わせるのってあったみたいだし。

16
もちろん今は見る影もないし 彫像の出来映えも 「ミロのヴィーナス」の完成度からみると 造形的にどえらく差があるんですけどね。 後世の者たちに「黄金比」とまで言わしめる程の 完成度なのに 腕を作らないとか…あり得ない。